エジプト

古代エジプト/ファラオ時代の香水や薬草などを順次紹介しています。

ツタンカーメン王とアンケセナーメン王妃

ツタンカーメン王とアンケセナーメン王妃

王妃は夫である王に、愛情を込めて香油を塗っています。

アマルナ美術の伝統的な描写で、2人には、生命の源である太陽の恵光がアテン神から降り注がれ、浴びている情景です。

ツタンカーメン王の墓から見つかった黄金の王座の背もたれには、銀と金の板や雪花石膏の細工、ファイエンス焼き、着色された練りガラスが施されています。

〈第18王朝/紀元前1336-1327年〉

エジプト考古学博物館所蔵